女性建築士が送る
『楽しく暮らす豆知識』

冬の大問題の「結露」について!

結露は温度差が原因です。
冷たい外気の窓が表面温度を下げ、室内で発生した水蒸気が冷たい窓に触れる為、室内の湿度が高く、窓の温度が低いと結露しやすくなります。

結露を防ぐ方法はいくつかありますが今回は温度差が一番起こる場所が窓!

窓にはアルミサッシと樹脂アルミサッシと樹脂サッシの3タイプがあります。
断熱効果は
アルミサッシ<樹脂アルミサッシ<樹脂サッシ

アルミサッシ+単板カラス → 樹脂サッシ+複層ガラスに変えるだけ事で樹脂の断熱はアルミの約1400倍冷たくない!
複層ガラスの断熱は単板ガラスの約2倍冷たくない!

10年ほど前まではほとんどの窓がアルミサッシでしたが、最近は断熱ブームで樹脂サッシを標準品にしています!

中古住宅の場合はアルミサッシの場合が多いので室内側から樹脂フレームの断熱サッシを簡単に取り付け可能な窓も各メーカー揃っています。
リフォームで窓を室内側から取りつける事で断熱効果はもちろんですが、防犯にもなり、遮音効果もかなり上がる様です!

コロナ禍が続く環境が続き自宅で過ごす事が多くなってきていると思います、より快適に、より安全に、より楽しく暮らすお家造りが必要になってきます!

  1. ご案内電話番号0120960148

    月・火・木・金 10:00~16:00