こどもみらい住宅支援事業が始まりました

岸田内閣の成長と分配の好循環による「新しい資本主義」の一つとして、子育て世代・若者夫婦の省エネ住宅取得の支援として

こどもみらい住宅支援事業 が始まりました。

期間は令和3年11月26日から令和4年10月31日(予定)です。

趣旨は、
子育て世帯・若者夫婦世帯の住宅取得に伴う負担軽減を図るとともに、省エネ性能を有する住宅ストックの形成を図るため、子育て世帯・若者夫婦世帯による高い省エネ性能を有する新築住宅の取得や住宅の省エネ改修等に対して補助金を交付する「こどもみらい住宅支援事業」を創設します。
ということです。

詳細はまだこれから詰まってくるようですが、

補助額は、新築で最大100万円
リフォームは一戸30万円ですが、
子育て世帯または、若者夫婦世帯が既存住宅を購入してリフォームを行う場合は60万円
子育て世帯でない方の場合、安心R住宅購入であれば、リフォーム費用として45万円が補助されます。

リフォーム工事の補助対象工事は
①開口部の断熱改修
②外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
③エコ住宅設備の設置
④子育て対応改修
⑤耐震改修
⑥バリアフリー改修
⑦空気清浄機能・換気機能付きエアコンの設置
⑧リフォーム瑕疵保険等への加入

と幅広く活用できますのでリフォームをそろそろ計画しようかなと思っている方 こどもみらい住宅支援事業の活用を検討してみてはいかがでしょうか。

補助金に対応できるリフォーム会社をお探しの方は「安心リフォーム健康ナビ」とグーグルで検索してください。

  1. ご案内電話番号0120960148

    月・火・木・金 10:00~16:00